「脂肪肝」ってどんな状態?

「脂肪肝」ってどんな状態?

「健康診断で脂肪肝といわれたけど、たいしたことなさそうだからほっておこう・・・」なんて思っていませんか?
“脂肪肝は食事や生活習慣を見直してください!”という肝臓からのサインです。
放置してそのままの生活を続けていると、肝硬変や肝臓がんにまで進行してしまうケースもあるので注意が必要です。。

 

まずは、脂肪肝とはどんな状態のことを指すのかを知ることから始めましょう。

 

そもそも肝臓とは、摂取した栄養素を使える形に変えたり、適度に貯蔵したりする働きをしています。しかし、食べ過ぎや飲みすぎ、糖尿病などによって、肝臓の細胞に中性脂肪がたまってしまいます。
30%以上に中性脂肪がたまった状態を「脂肪肝」といい、脂肪肝になると、肝臓の細胞が膨張して互いに圧迫し、血流障害が生じ、酸素や栄養の供給に支障がでて、その結果肝臓の機能が低下してしまうのです。

 

つまり、脂肪肝の原因は、アルコール、肥満、糖尿病にあることがわかります。
メタボリック症候群が肝臓にあらわれて脂肪肝になることもあります。
脂肪肝になると肝臓の機能が低下するだけでなく、肝臓に炎症を生じたりすることになり、肝炎などが進む場合があります。

 

普段は目立った自覚症状はありませんが、疲れやすい、体がだるい・重い、食後すぐに眠くなるなどの症状は、脂肪肝が原因であることも・・・。

 

脂肪肝が改善することで症状がよくなり、後になって、それが脂肪肝のせいだったことに気づく人も多いのが現状です。